2018年02月15日

マルイ グロック17 CO2化【その後】

みなさんこんにちは!
“マルイ グロック17 CO2化”のその後について
ご報告しておこうと思います。

【とりあえず快調♪】
私のゲーム動画中でも要所で登場していますが、
バキバキ撃っています。
本当にこの冬場では活躍してくれていますね。
相方も「真冬でもガスブロ撃てていいなぁ…」とボヤいていました(笑)

【しかしマガジンの耐久性が…】
冬でもバキバキ撃てるので嬉しいグロックちゃんですがマガジンベースが弱く、ガス漏れが2箇所で起きます。


①マガジンベース外周
これは最初の記事でもご紹介しましたね。
パッキンの保守パーツ(5本セット900円ぐらい)があるので交換すればいいだけです。
②マガジンベース中心の銀色のパーツ
こっちがちと痛いかも。
外周の金色のパーツと中心の銀色のパーツの隙間からガス漏れがおきます。
この場合はマガジンベース(1300円ぐらい)そのものを買い換えないといけません。
<参考:DRAGONFLY BSP CO2GBB トラブルシューティング>
http://baton.gunsmithbaton.com/web/APS/DRAGONFLY_CO2GBB_trouble_shooting.html

交換ペースはざっくりですがパッキンが3ヶ月ぐらい?
マガジンベースは半年ぐらいな気がします。
(ボンベの交換ペースは、月2ゲームこなして、試し撃ち入れて10本ぐらいでしょうか?)

こういうめんどくさい面のあるマガジンなので
グロックに執着がなければマルシン57をオススメしますよ〜(今更?)
ま、私はこの子でずっと行きますけどね♪

【おまけ】
CO2カスタムの影響かは分かりませんがアウターバレルが一部欠けました。


スライドと接する部分なのでリターンして来た衝撃が蓄積して割れたのかな?
真冬仕様なのでリターンスプリングのスペーサー外したままで、ノーマル状態なのだけどなぁ。
単なる経年劣化なのか原因不明ですがホコリやらゴミが入ると致命傷になりそうなので
気が向いたら(⁉︎)交換しますw





同じカテゴリー(GLOCK17)の記事画像
マルイ グロック17 CO2化【実射レビュー:気温12℃編】
マルイ グロック17 CO2化
同じカテゴリー(GLOCK17)の記事
 マルイ グロック17 CO2化【実射レビュー:気温12℃編】 (2017-11-29 00:05)
 マルイ グロック17 CO2化 (2017-10-05 02:28)

この記事へのコメント
madmax さん
あ、言い方が悪かったですね。ごめんなさい!
これを機会にmadmaxさんもミリブロ始めて記事投稿してみませんか?
ということでしたっ

もしくはどこかに画像を置いてリンクを貼るとか?
Posted by iso6iso6 at 2018年03月16日 15:33
写真 添付 どのようにしたら できますか?
Posted by madmax at 2018年03月15日 15:47
madmaxさん
おおお!?あのタフそうでタフでないマガジンベースを改良したのですか?すごいですねぇー!ぜひブログに上げてみませんか?
写真付きの方が分かりやすいのでお願いしたいですっ
Posted by iso6iso6 at 2018年03月14日 00:54
apsグロックCO2マガジンのガス漏れは 大変苦労しました バトンさんから調整済のものを購入しましたが 外側と内側のネジ止めのバランスがとてもシビア!
そこで 考えたのは 内側の銀色のネジ! これを特殊工具で 裏側(ボンベに触れる側)針のついてる 円盤を2本穴を 特殊工具で固定して 表側より
マイナスドライバ-で 力 結構必要でしす そして 内側の針がついた 円盤上のものを 外します!(ネジで銀色ネジと固定されてるだけ!)その後 銀色のメスネジの空間に 8mm位の木ネジ(硬度のあるもぬベタ-)を はめ込んで
車のアルミホイ-ル補修材アルミパテで 固定 アルミパテは硬化するとかなりの硬度があるから 問題なし  これで ボンベ挿入 金色のネジをボンベが完全に
ふさがっつた状態で 中心の銀色の針つきのものを 挿入回転 しめきっつたら半回転もどす 最初から 銀色の完成したパ-ツを緩めた状態を多めにすれば 修正前と同様な〆方ができます これで金色の〆方不十分によるリングの損傷も回避できます 内側の針がついてる円盤状のものは 銀色パ-ツの抜け防止で ガス漏れとはなんら関係ないものと! これでマガジン5本所有しましたが 今のところ 問題なく 後は使用頻度と 時間による劣化はありうるかと!
Posted by madmax at 2018年03月11日 10:19
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。